居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。 
居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行うこととされています。

●介護保険のことがよく分からない…。
●ケアプランを作成してほしい…。
●デイサービスや介護施設を利用したい …。
●特別養護老人ホームってなに?
●介護・福祉用具の相談に乗って欲しい…。
●介護保険で訪問看護を受けたい…。

ケアプランセンターお結びにお任せください!!

私たち「ケアプランセンターお結び」に所属する
介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護保険の申請代行から
他の施設・看護・介護サービス事業者との連携・調整を行い、
介護を必要とされる方々のご希望に添ったケアプランを
ご家族様と一緒に考えます。

サービス内容

●介護保険申請代行(無料)
●介護計画(ケアプラン)の作成
●各種サービスの紹介 ●介護、福祉器具の相談
●その他、介護保険の質問 ●ほか

ケアプラン作成の流れ

(1)要介護認定の結果通知

要介護認定が出来る居宅介護支援事業者に代行してもらい判定結果が手元に届きました。

(2)介護サービス計画の作成

介護保険サービスを利用するために「居宅介護サービス計画」の立案をケアプランセンターお結びに依頼します。

(3)介護支援専門員がご自宅に訪問

ご本人とご家族の希望や現状の問題点をよく話し合います。
その結果、以下のような問題や希望が出てきました。

●家族の負担を少なくしたい●現在残っている力を低下させたくない
●一人でお風呂に入りたい●一人で外出したい●トイレで排泄したい

(4)居宅介護サービス計画原案の作成

ご本人とご家族の希望に沿って、介護支援専門員が具体的な援助目的やサービス内容を盛り込んだ
居宅介護サービス計画原案をご提案します。

(5)居宅介護サービスの利用開始

ご本人とご家族に介護支援専門員が作成した計画原案を見て頂き、納得して頂いた上で提出し、
居宅介護サービスを受けることが出来ます。

ページトップへ